還暦 ~精神年齢40歳~

年齢同一障害者の映画・音楽・雑記など

年甲斐もなく、鈍行ひとり旅5日目

おはようございます。最終日5日目の記録です。

 

07:05 派手な飯田線飯田駅を出発

 

 

昨日に続き飯田線2回目の完全貸切状態が出現

 

 

 

11:16 約4時間かけて飯田線豊橋駅

11:21 東海道線豊橋駅

 

 

 

12:12 東海道線名古屋駅

13:09 関西本線名古屋駅

 

 

 

14:09 関西本線亀山駅

   ↓

16:42 2回乗り換えて出発駅に無事到着

 

 

感想

越後線飯山線飯田線の3つの地方交通線を制覇したのは良かった。

個人タクシーの開業を控え車は運転したくないので、すべて公共交通機関を利用した。人口減に伴いバスが減便している故郷をとにかく歩いた。楽しかった。

鈍行だけの旅も悪くはないが、次回は日が暮れる前に宿に入ってゆっくりすることにする。

 

 

4泊5日の収支     交通費    17,590

            宿泊代    29,800

            飲食代    13,415

              他     5,667

             合計   ¥66,472ー  

 

お読みいただきありがとうございます。  

             

 

年甲斐もなく、鈍行ひとり旅4日目

おはようございます。10月5日(水)の記録です。

 

09:56磐越西線津川駅

 

 

 

10:58 信越本線新津駅着

11:27    〃   発

 

 

昨日までの蒸し暑さが一転、凍えますので体を温めます。

 

 

12:21 上越線長岡駅

12:34    〃  発

 

 

12:57 上越線越後川口駅着

13:11 飯山線 〃   発

 

 

 

14:24

飯山線が途中工事中森宮野原駅で下車。ワンマンディーゼル列車の運転手は女性。

14:27森宮野原駅発。代行のマイクロバスは初体験。バスのナンバーは長野。

 

 

 

15:08 戸狩野沢温泉駅

15:39    〃   発

 

 

16:49 信越本線長野駅

 

 

 

 

※※※長野駅の在来線ホームには番号が振ってあるだけで、標識や電光掲示板の類が一切無い。QRコードを読み込んでやっと電車の時刻がわかった。長野駅恐るべし

ホームを跨ぐ高架にも反対側のホームにも標識、電光掲示板一切無し。

17:13その信越本線長野駅を出発、篠ノ井線

 

 

 

17:42 姨捨姨捨)駅着の予定だったが列車は停まらずにホームを行き過ぎてから停車。バックして駅ホームに停車すると、直後対向する電車とすれ違った。
運転手の大失態かと固唾を呑んだが、他の乗客はまったく騒がない。ネットで調べると急勾配を電車が登るときに使うスイッチバックと言う方式とのこと。

またこの姨捨駅は日本三大車窓に数えられるくらい景色が良いのだそうだが、ただ通り過ぎてしまった。

 

 

 

18:58 篠ノ井塩尻駅

19:01   〃   発 ワンマン運行の列車の運転手は女性

 

 

19:22 中央本線辰野駅

19:27  飯田線辰野駅

 

 

2両編成、後部の1両は完全貸切状態

 

 

21:46 飯田線飯田駅着 約12時間乗車。疲れました。

駅から歩いて3分ほどのシルクホテルアネックス宿泊。

 

年甲斐もなく、鈍行ひとり旅3日目

おはようございます。

 

 

コロナ禍以前に帰省したときは見かけなかった畑を囲む害獣駆除用電気柵。私が子供のころには全く見なかったニホンザルが出没している。

 

 

 

 

道端に落ちていたので1~2個拾うつもりが、野生が目覚めてたくさん拾った。

 

 

 

農道脇の秋桜

 

 

故郷に2泊し、これから鈍行で長野に向かいます。

年甲斐もなく、鈍行ひとり旅2日目

おはようございます。

 

10:30にホテルをチェックアウトし、新潟駅で電車に乗り、磐越西線津川駅に到着

 

高校を卒業した18歳の私が旅立ちをした駅。15年以上前に売店が無くなった。そして今では駅員のいない無人駅。

 

 

 

実家近くの黄色い蝶々

 

 

 

同じくアケビ

 

 

同じく栗

 

 

 

刈り入れの終わった田んぼと野菊

 

 

これ以上は超プライバシーなのでこの辺で失礼いたします。

 

 

 

年甲斐もなく、鈍行ひとり旅1日目

おはようございます。

 

 

07:00 地元の駅で乗車

 

 

09:48 1回乗り換えて福井駅

昼間から~~~

 

 

11:44金沢駅

 

 

13:06 金沢からはⅠℝいしかわ鉄道、あいの嵐とやま鉄道で富山着

 

 

14:05 あいの嵐とやま鉄道で泊駅着

 

 

16:31 えちごトキめき鉄道直江津駅着 第3セクター3社とJRの時刻表

金沢駅直江津駅は第3セクターのため、別料金です。理由は北陸新幹線が開業したからです。

 

 

18:23 信越本線柏崎駅

 

19:48 越後線吉田駅着

 

 

20:51 約14時間かけて新潟駅

 

 

1泊目アパホテル

 

疲れました。明日も更新できるなら、ブログ更新いたします。

 

『日本奥地紀行』イザベラ・バード読了、旅に出ます。

おはようございます。

 

529ページは、読書家なら何と言うことはないページ数だと思います。私は途中何度も何度も中断しながら、おそらく6年間くらいかけて昨日読了しました。

 

この本は通訳案内士試験の参考書の中で新渡戸稲造『武士道』、ルーズ・ベネディクト『菊と刀』などと並んで紹介されていたので購入しました。

 

1831年英国生まれの女性が、1878(明治11年)に5月から12月にかけて日本を旅したときの記録です。著者自身のイラストもあるのですが、文字が多くて、改行が少なく、会話文がほぼないので、私にとっては余り読み易い本ではありませんでした。

 

 

 

ルートは東京ー春日部ー日光ー会津若松ー津川ー新潟ー小国ー米沢ー山形ー新庄ー横手ー秋田ー青森ー函館ー室蘭ー白老ー平取ー函館ー横浜です。

 

私の故郷をイザベラ・バードは訪れていました。私の祖母は1913(大正2年)生まれでしたが、祖母が生まれる30年以上も前に白人の外国人女性が私の故郷を旅をしていたのです。驚きとしか言いようがありません。

 

私の故郷以外の場所でも著者は庶民、主に農民やアイヌ人の生活を克明に記しています。場所によっては、成人女性でも上半身裸でいる人たちがいることや、子供が裸でいることや、皮膚病が多いことや、仕事が無く酒を飲んでいる人が多いことや、道路や橋そして上下水道などの社会インフラに関して詳しく記述しています。

 

つまり本当に日本に西洋化が浸透する前の日本の姿が読み取れます。

 

テレビの『水戸黄門』で水戸光圀公は日本全国くまなく世直し旅に出かけました。農村も通りました。お百姓さんは粗末ではあるけれど100パーセントの方々が服を着ていました。ご一行の横を飛脚が通り過ぎても、褌(ふんどし)1丁ではありませんでした。

 

水戸黄門のあの場面は本当ではなかったのではないかと疑っています。それに令和の今となっては上半身裸の農婦など放送できません。

 

私の故郷はあの吉田松陰も東北遊学で通り過ぎています。しかしほとんどの村人が、少なくとも私の周りでは学校の先生も含めて口にする人はいませんでした。戊辰戦争1868(明治元年)~1869に対する思いがあったのだと推察します。

 

さて、私はこれから鈍行だけを乗り継ぎ故郷に向かいます。

 

 

GEOでワイヤレスイヤホン買いました。

おはようございます。

 

今まではコード付きのヘッドフォンを使用していました。耳に当てるパッドがボロボロになりました。薄手のヘッドフォンカバーを装着しました。カバー自体が薄くなりました。詳しくは覚えていませんが間違いなく15年以上は使ったと思います。

 

そろそろ買い替え時でした。ヨドバシカメラに行きました。値段も性能もピンキリでした。

 

エディオンに行きました。同じくピンキリでした。

 

両店とも試聴できましたが、両店とも試聴しませんでした。

このあたりが年齢なのです。面倒くさかったのです。若いころならとことん自分の思うものを追求していました。しかし、選択肢が多過ぎます。考えるのが嫌になり購入せずに帰宅しました。

 

家でパソコンを開くと履歴が原因で嫌と言うほどワイヤレスイヤホンの広告が入って来ました。その中で偶然レンタルビデオGEOの広告に目が止まりました。もう考えたり悩んだりするのが嫌でした。広告をそのまま信じてワイヤレスイヤホンを購入しました。

 

GWFTWS T39  ホワイト ¥6580(税込み)