還暦 ~精神年齢40歳~

年齢同一障害者の映画・音楽・雑記など

パワーハラスメント

おはようございます。

 

タクシーの運転手です。個人タクシーの開業をめざしています。

 

15年前タクシー運転手になるべく当地に引っ越して来ました。会社の寮に入りました。寮の人間関係は厳しいものでした。堅固な先輩、後輩の序列がありました。

 

寮の清掃と炊事は新入寮生の役目でした。炊事といってもご飯を炊くのと食器洗いで、おかずは各々がスーパーマーケットやコンビニで買って来ていました。

 

一人身体は小さいけれど態度の大きい先輩がいました。新入寮生全員が恐れていました。床に正座させこそしなかったものの、狭い食堂で一列に並ばされ怒声を浴びせられ説教をうけたことがあります。理由は掃除の仕方が悪いか何かだったと思います。

 

今で言うパワハラです。それが嫌で会社を去った者もいますし、寮を出た者もいます。私は一大決心をして転職したわけですし、会社を辞めては家族に対する責任を果たせませんので、耐えられました。

 

しかし1年後には寮を出て、借家を借り家族と共に暮らし始めました。

 

そのパワハラ先輩は仕事に関してはそつのない人で職員にもウケの良い人でした。タクシー会社では運転手を社員、内勤を職員と呼びます。

しかし数年勤めるとその人の仕事内容が見えてきました。新人でも段々成長するからです。

生き方のうまい人でした。洗車に汗を流す姿などほとんど見たことがありません。誰かにやらせていました。寮では新人を教育するためだなどと言いながら何年も居座っていましたが、教育があったとは思えません。新車が入ると我先に乗務しました。営業所長ですらそれを止められませんでした。

 

その先輩が寮を出て借家を借りました。運転手数人とルームシェアしたのです。

その後、その先輩が病気になって入院しました。東京大学かあるいは慶応大学を卒業し警察官僚になっている自慢の娘さんが、見舞いに来たかどうかはわかりません。

 

おいしいタクシー運転手生活も永遠ではありませんでした。その先輩が退院後にハンドルを握るのは無理とわかり、会社を去りました。

 

私の心が狭いのかも知れませんが、人生は最終的には+(プラス)と-(マイナス)で零(ゼロ)になるかなと思います。

 

イジメやパワハラが許せないのは、イジメたりパワハラをしても絶対に自分に危害が及ばない安全な者しか対象にしないからです。

 

 

私はこれから個人タクシーの法令試験の勉強をしなければなりません。失礼いたします。

https://3.bp.blogspot.com/



 

 

 

 

旅客自動車運送事業運輸規則

 

2乗務員は次に掲げる行為をしてはなならない

 旅客の現存する事業用自動車内で喫煙すること

 

4 乗務員は、旅客が事業用自動車内において法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするときは、これを制止し、又は必要な事項を旅客に指示する等の処置を講ずることにより、運送の安全を確保し、及び事業用自動車内の秩序を維持するように努めなければなければならない。

ーーー例えばタクシーをラブホテル代わりにすることーーー

これも当社・弊社では乗務員には教えない。1回だけ経験がある。事後には女性の毛髪がシートカバーに何本もこびりついていた。注意できなかった。逆に私の苦情として扱われることを恐れたからだ。

 

゜旅客自動車運送自動車の事業用運転者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

4 旅客の現存する事業用自動車の運転中当該自動車の重大な故障を発見し、又は重大な事故が発生するおそれがあると認めたときは、直ちに、運行を中止すること。

 

5 坂路において事業用自動車から離れるとき及び安全な運行に支障がある個所を通過するときは、旅客を降車させること。

これも当社・弊社では乗務員には教えない。メーターを入れながらお客様にご降車いただくなど、苦情だと考えてしまう。私は今まで1回も経験がない。

 

6 踏切を通過するときは、変速装置を操作しないこと。

 

7 事業用自動車の故障などにより踏切内で運行不能となったときは、速やかに旅客を誘導して退避させるとともに、列車に対し適切な防護措置をとること。

 

10 運転操作に円滑を欠くおそれがある服装をしないこと

 

六 一般乗用旅客自動車運送事業者事業用自動車の運転者は、食事若しくは休憩のため運送の引き受けをすることができない場合又は乗務の終了等のため車庫若しくは営業所に回送しようとする場合には、回送板を掲出しなければならない。

 

七 一般乗用旅客自動車運送事業者事業用自動車の運転者は、「前項の場合以外の場合」には、回送板を掲出してはならない

↑ 日本語がおかしい。これぞ法律用語。

 

八 一般乗用旅客自動車運送事業者事業用自動車の運転者であって、指定地域内にある営業所に属する者は、同項の乗務距離の最高限度を超えて乗務してはならない。

 

九 一般乗用旅客自動車運送事業者事業用自動車の運転者は、乗務員証を携行し、及び乗務を終了した場合には、当該乗務員証を返還しなければならない。

 

 

 

道路運送車両法

゜この法律は、道路運送車両に関し、所有権についての公証等を行い、並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進することを目的とする。

 

変更登録

゜自動車の所有者は、登録している型式、車体番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があったときは、その事由があった日から15日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請しなければならない。

 

移転登録

゜新規登録を受けた自動車について所有者の変更があったときは、新所有者は、その事由があった日から15日以内国土交通大臣の行う移転登録の申請をしなければならない。

ーーー所有者変更・名義変更・移転登録ーーー

 

゜一般旅客自動車運送事業者は、事業用自動車の運転者が乗務したときは、旅客が乗車した区間並びに乗務した事業用自動車の走行距離に表示されている乗務の開始時及び終了時における走行距離の積算キロ数を運転者ごとに記録させ、かつ、その記録を事業用自動車ごとに整理して1年間保存しなければならない。

 

                                    87.2