還暦 ~精神年齢40歳~

年齢同一障害者の映画・音楽・雑記など

個人タクシー開業⑪ 法令試験がヤバイ 

おはようございます。

 

日記:

 

7月に行われる個人タクシーの法令試験の「模擬テスト」が、合格点に達していない。

 

試験は全部で40門、35問が〇X式、残り5問が10の語群から5つの正解を選択する形式。時間は50分。1問1点、9割正解の36点以上で合格。

 

不合格者が出たと言う話は聞かないが、その数少ない、あるいは一人もいない中に自分が該当する可能性が出てきた。狭い街の狭い業界ではあっという間に話題になるだろう。

 

「あいつ、試験落ちたんだってよ」「何が英会話ドライバーだよ」ってな感じ。

 

必死こかなくてはならない。

 



 

道路運送法で「旅客自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業をいいます。

 

道路運送法では、1個の契約により国土交通省令で定める乗車定員未満の自動車をし切って貸旅客を運送をする事業を一般乗用旅客自動車運送事業と規定しています。

 

゜1年以上の懲役又は禁錮の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過した者であれば、個人タクシー事業の許可を受けることができます。

 

゜一般旅客自動車運送事業者は、旅客に対し、収受した運賃又は料金の割り戻しをしてはならない。ーーーいかなる場合でも禁止ーーー

※法人タクシー会社では教えない。教育しない。身だしなみや礼儀はしつこいくらい教育しても、運転手のための法令や約款は教えない。

 

゜事業者は、運送の申し込みを受けた順序により、旅客の運送をしなければなりませんが、急病人を運送する場合その他の正当な事由がある場合はこの限りではありません。

 

゜事業を休止中の個人タクシー事業者が、営業所の位置の変更を行いました。この場合、休止中であっても事業計画変更の手続きが必要です。

 

道路運送法では、一般旅客自動車事業者に対し、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、絶えず輸送の安全性の向上に努めなければならないことが規定されています。

 

事業計画  1.営業区域

      2.営業所の名称及び位置

      3.自動車の車庫の位置及び収容能力 ※車幅・車長・車高の定め無し

 

営業区域は、輸送の安全、旅客の利便等を勘案して、地方運輸局の定める区域を単位とするものとする。

 

道路運送法の規定では、輸送の安全及び旅客の利便の確保のために事業者が遵守すべき事項は国土交通省令に定めることとされています。

 

゜一般旅客自動車運送事業の譲渡及び譲受は、国土交通大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない。

 

旅客自動車運送事業者は、旅客又は公衆に対して、公平かつ懇切な「取り扱い」をしなければならない。

※取り扱いという言葉がおかしい。これが法律用語。

 

゜お客様の求めが無い場合、領収書は発行しなくても良い。領収書は手書きでも機械発行でもどちらでも良い。

 

事故の場合の処置

 旅客自動車運送事業者は、事業用自動車の運行を中断したときは、当該自動車に乗車  している旅客の為に、次の各号に掲げる事項に関して適切な処置をしなければならない。

 1.旅客の運送を続けること

 2.旅客を出発地まで送還すること

 3.前各号に掲げるもののほか、旅客を保護すること

 

旅客自動車運送事業者は、事業用自動車に係る事故が発生した場合、一定の事項を記録し、その記録を少なくとも3年間保存しなければなりません。

ーーー事故は3年、他は1年ーーー

 

                                   87.6